委員会組織と活動

常任委員会

常任委員会は、JILの方向性を定めていく最高意志決定機関です。常任委員は15名おり、各センターの当事者職員から選挙を通じて選出します。
新任常任委員はこちら

人権委員会

現在、人権委員会は、人権侵害調査や欠格条項改正に関する要綱試案を作成したりしています。権利擁護は広い意味で捉えれば、各種の情報提供も含まれます。ただ、一般的には権利の保障を求めることや権利侵害の排除を求める活動を指します。
自立生活センターの権利擁護活動には、個別アドボカシーとシステム・アドボカシーがあります。個別アドボカシーは、例えば、車いすの乗車を拒否した運転手や交通機関に対して交渉することなど、そして、システム・アドボカシーとは、変えるべき制度や社会を変えたり、守るべきものを守る活動のことを言います。

委員長 佐野武和(CIL湖北)
委 員 岩本肇(アシストMIL)
委 員 東俊裕

*ブロック選出委員
[東北・北海道ブロック] 杉山裕信(CILたすけっと)
[関東ブロック] 斉藤新吾(CILほにゃら)
[東海ブロック] 大川速巳(静岡障害者自立生活センター)
[北陸ブロック] 吉田知栄美(Com Support Project)
[近畿ブロック] 白杉眞(CILスリーピース)
[中国・四国ブロック] 川本澄枝(障害者生活支援センターてごーす)
[九州・沖縄ブロック] 日隈辰彦(ヒューマンネットワーク熊本)

介助サービス委員会

重度の障害を持つ人が、地域で自立して生活するために必要な介助者派遣サービスを、各センターがより良く提供出来るようにするためのシステム作りに励んでいます。「介助サービス・マニュアルPARTⅡ」ができました。介助の仕方やクレーム処理法など、内容が充実しています。ぜひ、ご購入ください。

委員長 岡田健司(CILアークスペクトラム)

*ブロック選出委員
[東北・北海道ブロック] 崎野剛(CIL青森)
[東海ブロック] 望月亜矢子(チャレンジド・ふじ))
[中国・四国ブロック] 益本恵子(CIL下関)
[九州・沖縄ブロック] 後郷法文(CILぶるーむ)
[九州・沖縄ブロック] 新垣正樹(北部自立生活センター希輝々)

ピアカウンセリング委員会

ピアカウンセリング委員会では、集中講座・長期講座へのリーダー派遣、リーダー研修や自立生活プログラム体験講座の開催などを通して、障害者の自立支援に欠かすことの出来ないピアカウンセリング・自立生活プログラムの普及を目指しています。
ピアカウンセリングの”ピア”とは仲間という意味であり、ピアカウンセリングとは同じ背景をもつ者同士が対等な立場で、話を聞き合い精神的なサポートを行っていくことです。障害者のピアカウンセリングの場合、障害という背景を共有している人がサポートし合い、抑圧されたもの同士が手をつなぎ、その安心感や快さの中で自己信頼を取り戻していくものです。
くわしくは、こちらをどうぞ。

委員長  安原美佐子(自立生活センター・あるる)
副委員長 井谷 重人(自立生活センター・星空)、中尾 悦子(自立生活センター・リングリング)

*ブロック選出委員
[東北・北海道ブロック] 和田英人(CIL青森)
[関東ブロック] 秋山浩子(CIL日野)、大渕由理子(CIL小平)、堤愛子(町田ヒューマンネットワーク)、見形 信子(自立生活センター・くれぱす)、山形重人(HANDS世田谷)
[東海ブロック] 湯山恭子(アシストMIL)
[近畿ブロック] 石地かおる(自立生活センター・リングリング)
[九州・沖縄ブロック] 高園康文(CILぶるーむ)

政策委員会

自立生活を支え、広めていくためには、直接支援とともに国レベルでの制度・施策の拡充が不可欠です。近年、日本の障害者政策はめまぐるしく変わってきました。こういった国の動きに対応し、さらに当事者団体として政策提言を発信することが必要です。この委員会では、各種審議会等の動きを追いかけ、最新情報の分析、情報提供と解説、課題整理と政策提言、タイムリーな学習会の開催、必要に応じて全国的な運動の呼びかけなどを行います。

委員長 今村登(STEPえどがわ)
委 員 佐藤聡(DPI日本会議)

*ブロック選出委員
[関東ブロック] 生井祐介(CILほにゃら)、山本広次郎(ヒューマンケア協会)
[東海ブロック] 滝由依(AJU)
[北陸ブロック] 田中伸治(Com Support Project)
[近畿ブロック] 加古雄一(CILアークスペクトラム)、平下泰幸(自立生活夢宙センター)、藤原勝也(メインストリーム協会)