自立生活センター・遊TOピア

センター基礎情報
代表者名 飯田 力
事務局長名 髙橋 美香
障害者人数 障害者スタッフ 4名 (肢体 4 )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
居宅介護
ピア・カウンセリング
重度訪問介護
自立生活プログラム
同行援護
自立生活体験室
行動援護
-
介助者派遣サービス
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
生活介護
-
福祉有償運送
就労継続支援A型
-
権利擁護
就労継続支援B型
    グループホーム
-
    地域移行支援
-
    地域定着支援
-
    計画相談支援
-
    移動支援(地域生活支援事業)
-
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景

当センター理事長飯田力は1978年に「熊谷すみよいまちづくり運動グループ」を結成。「熊谷車いすガイド」作成、「JR熊谷駅在来線エレベーター」設置運動など、街づくり運動を主体にした活動だった。飯田はその後、1992年10月に行なわれた埼玉県社協主催の「障害者海外研修」に参加し、研修先としてにバークレーのCILを訪問。キビキビと立ち働くアメリカの障害者の姿に感銘を覚え、帰国後地域の障害者に自立を促したり、介助体制を充実させる為に、障害者仲間や支援者と共に1994年 当センターを開設。

特色

埼玉県には、自立生活センターに対する助成制度がないため、財産基盤を安定させる目的で「赤いスイトピー」、「わんすてっぷ」という2つの心身障害者地域デイケア施設を運営し、介助派遣事業、ピアカウンセリング、自立生活プログラムなど日々活動している。 その後、制度の変化とともに、2つのデイケア施設が「就労継続B型事業所」へ移行し、「就労継続支援B型事業所遊TOピア」となった。 *主たる事業所 わんすてっぷ 従たる事業所 赤いスイトピー

設立以来の運動体としての実績

①熊谷市営住宅に「世帯用車椅子対応住宅」2戸の設置を要望し、実現したこと。
②熊谷市営循環バスのバリアフリーを要望し、ノンステップ・バス導入が実現したこと。
③平成13年度に熊谷市は「交通バリアフリー基本構想」を策定した。また平成26年度には見直しもされ、当センターも加わり策定を行った。
④支援費制度において熊谷市がヘルパー派遣時間の上限(125時間)を設けた為、交渉し、撤廃した。
⑤歩道と車道の境目を車いすで乗り越えやすく、なおかつ視覚障害があっても利用しやすいようにユニバーサルデザインブロックを熊谷市と共に開発した。

今度目指すもの

今現在、関わる当事者が少ないため、一緒に活動してくれる当事者を探していく必要がある。自立生活をトータルでサポートしていけるように、スタッフが同じ夢をもち活動していきたいと思います。一人でも多くの当事者が地域の中で自分らしく生きていけるように支援を行う。