CILわらじ

センター基礎情報
代表者名 野島 久美子
事務局長名 吉田 昌弘
障害者人数 障害者スタッフ 名 ( )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
-
居宅介護
-
ピア・カウンセリング
-
重度訪問介護
-
自立生活プログラム
-
同行援護
-
自立生活体験室
-
行動援護
-
介助者派遣サービス
-
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
-
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
-
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
-
    地域定着支援
-
    計画相談支援
-
    移動支援(地域生活支援事業)
-
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景
当センターは1977年に発足した「わらじの会」が母体となって、1991年に設立された。「わらじの会」は「障害のある人もない人も地域で共に」を目的とし、共に働く店、生活ホーム、介助派遣、そして公的制度を利用したデイケア施設や社会福祉法人を独立採算制で立ち上げた。当センターは、それらをつなげる役割を担っている。
特色
「障害のある人もない人も地域で共に」を掲げ、上述の活動に加え、バザー、夏合宿、そしてクリスマス会などの行事を通じて、地域との関係を重視した活動を展開している。
設立以来の運動体としての実績
1990年に埼玉県で始まった「全身性障害者介護人派遣事業」は、資格の有無に関わらず介助ができるため、近所の人や学生らが関わりやすい制度である。県はこの制度を支援費制度の導入にともないいったん廃止したが、当センターはこの制度が持つ意義を行政に伝え、活動地域の越谷市と春日部市で市の単独事業として存続させることができた。さらにその主張を県にも伝えることにより、廃止された制度が今年度復活する一端を担った。
今度目指すもの
今後、介助する側は介助における資格などによって専門性を要求され、かたや障害当事者は障害の程度区分などによって、今まで以上に分けられることが予測される。支援費制度以降の情勢に関わらず、障害のある人もない人も暮らし合ってゆける地域をどう作るかを、みんなで模索してゆきたい。