自立生活センター十彩

センター基礎情報
代表者名 長谷 由香
事務局長名 木本 光宣
障害者人数 障害者スタッフ 名 ( )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
-
居宅介護
-
ピア・カウンセリング
-
重度訪問介護
-
自立生活プログラム
-
同行援護
-
自立生活体験室
-
行動援護
-
介助者派遣サービス
-
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
-
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
-
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
-
    地域定着支援
-
    計画相談支援
-
    移動支援(地域生活支援事業)
-
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景

1991年に「障害の有無に関係なしに集まれる場所が欲しい」そんな思いからユートピア若宮の会をつくり、障害者数名の福祉ホーム的な活動から送迎サービスを立ち上げピアカウンセリングや自立生活プログラムを通して自立の支援を行っている。

特色

本年5月より、「ユートピア若宮の会」がNPO法人となりました。自立生活センターとしては、当事者主体の運動体を意識するために、別団体として活動することとなり「十彩(といろ)」となりました。 ヘルパーの派遣や相談支援センターの事業を中心としたユートピアと車の両輪で活動しています。

設立以来の運動体としての実績

・ヘルパーステーションの管理責任者を障害を持つものが行うことで、細々とした利用する人たちの要望と行政の仲介をスムーズに行えている。
・自立支援協議会の発足に参加。その後の部会にも入り、ケア計画などの話し合いに参加。
・障害区分認定審査会に委員として出席。健常者スタッフでは気付かない点のサポートが可能になる。
・基本構想策定委員が行うワークショップに参加。福祉ゾーンと言われている箇所内の駅のバリアフリー化実現。

今度目指すもの

年内に、現在の事務所より広い所に移転します。これでいろいろな障がいをもつ仲間に声をかけやすくなり、現在の事業にプラスした内容が可能になります。 一方で、若い世代の障がいを持つ仲間の育成が課題です。行政が行う会議など、ここ数年でようやく参画できるようになってきました。なるべく若いスタッフと一緒に参加し、自分達の特色を活かした活動にしていきたいです。