CIL宇部

センター基礎情報
代表者名 野村 和志
事務局長名 野村 和志
障害者人数 障害者スタッフ 名 ( )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
-
居宅介護
-
ピア・カウンセリング
-
重度訪問介護
-
自立生活プログラム
-
同行援護
-
自立生活体験室
-
行動援護
-
介助者派遣サービス
-
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
-
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
-
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
-
    地域定着支援
-
    計画相談支援
-
    移動支援(地域生活支援事業)
-
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景
2001年に自立生活センター宇部(CIL宇部)をたちあげました。それまでは代表の野村和志が個人レベルで自立生活運動を展開していました。在宅や、施設障害者の自立生活を直接的、間接的に支援していました。行政との交渉も県の福祉課や生活保護課、公営住宅の車いす対応の問題で建築課との交渉を行っていました。宇部市に対しても福祉課、保護課、住宅課、人権問題で教育委員会や選挙管理委員会などと隔月のペースで交渉を続けていました。支援費が始まることで個人レベル運動の限界を感じCIL宇部を設立。
特色
相談者、利用者の置かれている状況、ニーズなどを誰よりも何所よりも鑑み、適切、且つ心豊かにその実現を図る団体です
設立以来の運動体としての実績
残念ながら代表の力量のなさのせいで、重度障害者2人ほどの自立を支援した程度です。
今度目指すもの
宇部市の地域でも長時間要介助者重度障害者の自立生活ができるような介助保障制度をつくり、CIL宇部としてもそれに対応できるよな体制を整えたい。障害者問題の相談・解決は、CIL宇部で!と誰からにも思われるような団体を目指す。

ube