自立生活センター・高松

センター基礎情報
代表者名 那須 宏生
事務局長名 佐々 和信
障害者人数 障害者スタッフ 名 ( )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
-
居宅介護
-
ピア・カウンセリング
-
重度訪問介護
-
自立生活プログラム
-
同行援護
-
自立生活体験室
-
行動援護
-
介助者派遣サービス
-
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
-
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
-
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
-
    地域定着支援
-
    計画相談支援
-
    移動支援(地域生活支援事業)
-
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景

重度障害者の自立を機に、1998年4月に自立生活センター・高松としてスタート。1999年7月にNPO法人取得。2001年7月介護保険指定事業者、NPO法人自立ケアシステム香川を別組織として設立。

特色

代表が最重度の障害があり交渉によりほぼ24時間の介護保障が実現できた。体制を利用すれば自立生活は実現可能となったが実際自立生活者を増やしてゆくには、そのサポート役としてCIL高松が力をつけてゆく必要がある。それを目指してみんなで活動しています。

設立以来の運動体としての実績

1.交渉により当事者の自己推薦のホームヘルパーが認められる。
2.交渉によりホームヘルパーの派遣時間が延長されほぼ24時間保障になる。
3.ガイドヘルパーの申請援助により利用者、利用目的を拡大していった。

今度目指すもの