自立生活センター・たいとう

センター基礎情報
代表者名 鶴岡 和代
事務局長名 渡辺 由美子
障害者人数 障害者スタッフ 8名 (肢体7 その他1 )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
居宅介護
-
ピア・カウンセリング
重度訪問介護
-
自立生活プログラム
同行援護
-
自立生活体験室
行動援護
-
介助者派遣サービス
-
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
-
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
    地域定着支援
    計画相談支援
    移動支援(地域生活支援事業)
-
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景
1996年5月1日台東区三ノ輪に設立し、その後1998年4月に現在の事務所へ移転。 1997年都の財団から障害者自立生活プログラムの助成。 2000年4月には、介助者派遣をNPO化し別団体に一部移行した。2002年4月には、支援費制度導入に伴い、すべて移行した。自立生活プログラム、ピアカウンセリング、相談事業を主軸としている。また、2002年4月に、当センターもNPO法人化した。 また、2010年4月に事務所を再度移転し、現住所東京都台東区3-19-7で活動を行う。
特色
台東区は、身障児者父母の会が長年、障害者の自立に対して宿泊訓練を行っている。当センターの障害者自立生活プログラム、ピアカウンセリング、相談事業と連動して,障害者の自立を促進し、自立生活者にサポートしている。 また、当事者の気持ちに寄り添い、自立支援を展開している。 計画相談も同様に、当事者の気持ちを大事にしている。
設立以来の運動体としての実績
三ノ輪駅に平成14年6月にエスカルが設置された。歩道と駅との段差も解消された。上記の設置については、数名の事務局員が毎日通勤し、駅員とのやりとりの中で「自立生活運動」を続けてきた結果である。台東区議会で、当センターの存在と認識が深まったことで、議題にとり上げてくれた。 また、浅草ROX1の誰でもトイレ設置について、要望書を作りたい方の支援を行い、共に力を合わせ要望書、事業者との連携を行い目的を達した。  
今度目指すもの
肢体不自由者以外の障害当事者を養成し、育成し、障害種別を超えてサービス提供ができるよう目指していく。 地域の仲間への声掛けを再認識している。 重度訪問従事者養成研修 体験室事業(自立生活プログラムと共に)

taito