岡崎自立生活センターぴあはうす

センター基礎情報
代表者名 鈴木 孝光
事務局長名 鈴木 益美
障害者人数 障害者スタッフ 8名 (肢体4 )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
居宅介護
ピア・カウンセリング
重度訪問介護
-
自立生活プログラム
同行援護
自立生活体験室
-
行動援護
-
介助者派遣サービス
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
-
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
    地域定着支援
    計画相談支援
    移動支援(地域生活支援事業)
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景

1996年に岡崎市で送迎サービスを長年にわたり行なってきた団体が母体となって自立生活センターを立ち上げた。1998年に「岡崎市障害者生活支援事業」を受託。
2001年度には特定非営利活動法人の認証を受け、地域の資源として活動を展開している。

特色

障害者相談支援事業を受託し、計画相談を行いながら、なるべくセルフの方向で行っている。
自立生活プログラムは岡崎特別支援学校と連携しており、「土曜こうざ」として実施している。
障害当事者職員の二人は、ピアカウンセラーとして公開講座、集中講座を担当し、広くピアカンを広めようと活動している。
月に1回、集中講座、公開講座を受講した方を中心にピアカンの集い、サポートグループの集いを行っている。

設立以来の運動体としての実績

愛知県の「人にやさしい街づくり」アドバイザーとして街づくりの歩道の整備や道幅などの改善、公共施設のバリアフリー化、バスの乗務員の研修参加
移動支援の利用方法の柔軟化を個別専門部会の作業部会で検討し、実現(希望通りにはならなかった)

今度目指すもの

障害者の高齢化に伴い、地方では親と同居が多く、老障介護の問題が表面化している。
ヘルパーの人材不足などもあり、人材確保を目指し活動し、障害者の地域生活を保障したい。
重度訪問介護の実施が出来ていない。体制を整えて派遣が可能な事業所になりたいと思っている。

peerhouse