自立生活センター松山

センター基礎情報
代表者名 中村 久光
事務局長名 中村 久光
障害者人数 障害者スタッフ 2名 (肢体 2 )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
-
居宅介護
ピア・カウンセリング
重度訪問介護
自立生活プログラム
同行援護
-
自立生活体験室
行動援護
介助者派遣サービス
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
生活介護
-
福祉有償運送
就労継続支援A型
-
権利擁護
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
    地域定着支援
    計画相談支援
-
    移動支援(地域生活支援事業)
    喀痰吸引等の登録研修機関
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景
1974年ごろ、松山市内外の障害者と支援者によって、施設を出て地域で暮らそう、という運動がはじまった。1991年に松山市で「車いす市民全国集会」を開催し、そのときの実行委員会を中心に「障害者の自立支援センター」がたちあげられた。その事業団体として、2002年に「NPO法人自立生活センター松山」がつくられ、その後、資金面の問題もあり、「障害者の自立支援センター」の活動を自立生活センター松山が引き継ぎ、現在に至る。
特色
設立以来の運動体としての実績
障害者自立支援法に変わり、地域生活支援事業のコミュニケーション支援を使って国庫補助事業として市の負担は、4分の1で入院時制度の実施が可能となった。そのことを市役所障害福祉課に説明して制度化に向けた交渉を2008年2月からはじめ、10回の交渉の結果、今年度(2009年度)4月より、全身性障害者が入院中につかえる制度が開始された。
今度目指すもの
最重度の障害者も安心して自立できるように24時間介助の実現。 愛媛県障害者差別禁止条例の制定。 愛媛県で松山市外の市町村に「自立生活センター」を設立する。愛媛県には、県庁所在地の松山市にしか自立生活センターが存在しないため。