みたか街かど自立センター

センター基礎情報
代表者名 南雲 潤
事務局長名 椛島 剛之
障害者人数 障害者スタッフ 4名 (肢体4 )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
居宅介護
-
ピア・カウンセリング
重度訪問介護
-
自立生活プログラム
同行援護
-
自立生活体験室
-
行動援護
-
介助者派遣サービス
-
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
-
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
就労継続支援B型
-
    グループホーム
    地域移行支援
-
    地域定着支援
-
    計画相談支援
-
    移動支援(地域生活支援事業)
-
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景

1982年、前身となるボランティアグループ「街かど喫茶」が設立された。以後、地域に住む障がい者への各種サポートを中心に活動を続けてきた。
2007年にNPO法人を取得。同法人の中で、自立生活センターと同時に地域活動支援センターとしての機能も合わせ持っている。2013年4月よりグループホームを運営している。

特色

自立生活センターの特徴であるピアカウンセリングや自立生活プログラムと並行して、車いすマップの作成に取り組んで来た。現在はパソコンで見ることができる「みたかバリアフリーガイドおでかけ情報」として継続中。出前講座として保育園から大学までまわっている。特別支援学校や福祉専門学校からの実習生受け入れも継続して行っている。

設立以来の運動体としての実績

・三鷹駅バリアフリー化実現
・三鷹の森ジブリ美術館バリアフリー化実現
・公会堂別館バリアフリー化実現
・星と森の絵本の家バリアフリー化実現
・車椅子マップ作成
・バリアフリーおでかけ情報の調査を三鷹市より委託
・自立支援協議会への委員派遣

今度目指すもの

当センターは、心身障がい者通所訓練施設として活動してきたが、2013年4月より地域活動支援センターとして、三鷹市より委託を受けて運営されている。自立生活センターの特色をいかしながら、重度な障がいを持っていても社会参加をしながら安心して暮らせる街を目指していきたい。

独自事業として
・ガレージセール
・ステンシル葉書の作成と販売
・当事者の日常を綴った本の作成
を行っている