福祉のまちづくりの会

センター基礎情報
代表者名 鈴木 尚美
事務局長名 遠藤 美貴子
障害者人数 障害者スタッフ 3名 (肢体 3 )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
居宅介護
ピア・カウンセリング
重度訪問介護
自立生活プログラム
同行援護
-
自立生活体験室
行動援護
-
介助者派遣サービス
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
就労継続支援B型
    グループホーム
-
    地域移行支援
-
    地域定着支援
-
    計画相談支援
-
    移動支援(地域生活支援事業)
-
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景

1995年 住民参加の「福祉のまちづくりの会」結成 主に住民啓発活動を行なう。 1997年 「障がい者自立生活支援センター福祉のまちづくりの会」としてサービス提供開始。 2000年 小規模作業所「リサイクルショップまち子ちゃんの店」運営開始 2001年 NPO法人認証手続き開始。 2001年9月NPO法人認証。 同年10月、指定訪問介護事業開始(自立生活センターとは別団体として)

特色

田村市船引町人口2万4千人小さなまちながら、ニーズに対してオールマイティーに応えられる自立生活センターづくりを目指している。 設立以来の運動 1996年 市町村単独事業「タクシー券」制度創設。 2001年 自薦ヘルパー開始。 2001年 障害者住宅(改築)の確保 2005年 福島県地域生活移行検討委員会委員として参画。

設立以来の運動体としての実績

・自薦ヘルパー派遣事業開始
・ 個人相談事業(9名地域に自立)
・ 施設内虐待事件に抗議活動(交渉)
・ 各種ピア
・カウンセリング講座開催(年1回)
・ ILP講座開催(年1回)・個人各ILP開催
・ 福祉セミナー開催(年1回)
・ JIL主催厚生労働省交渉参加
・ 講師派遣(ピア・カウンセリング
・キッズプログラム)
・ 海外支援 ・ 支援費裁判支援
・ 虐待防止ワークショップ開催
・ 差別禁止条例に向けての取り組み
・ 作業所法定移行に向けての取り組み

今度目指すもの

・個人支援を中心にILPを行い、自立者を増やして行く。
・自立生活運動の出来る人材を育てる。 ・人権擁護活動等を行なっていく。

machidukuri