NPO町田ヒューマンネットワーク

センター基礎情報
代表者名 堤 愛子  斉藤 功
事務局長名 池田 まり子
障害者人数 障害者スタッフ 12名 (肢体11 内部障害1、内部・肢体の重複2 )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
居宅介護
ピア・カウンセリング
重度訪問介護
自立生活プログラム
同行援護
自立生活体験室
行動援護
-
介助者派遣サービス
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
生活介護
-
福祉有償運送
就労継続支援A型
-
権利擁護
-
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
    地域定着支援
    計画相談支援
    移動支援(地域生活支援事業)
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景

1989年12月、6名の障害者と1名の健常者が集まり発足。1996年10月市町村障害者生活支援事業の委託を受ける。2000年4月、NPO法人認証取得と同時に、障害者のヘルパーの派遣委託を町田市より受ける。「エンジョイ自立生活」を合言葉に障害者の自立生活をサポートする様々な活動を続けている。2000年4月ヘルパーステーション・マイライフを立ち上げ、2002年7月よりCIL事業を「まちだや」として独立(現在は法人全体をCILと考え、相談支援事業所として障害者生活支援センターまちだやとなっている)。
2003年4月には支援費制度の、20004年1月には介護保険の指定業者として東京都から指定を受けている。

 

特色

ピアカウンセリング、自立生活プログラムが活発。
事業所と自立生活センターが一体となり、事業所の収入がセンター活動を支えている。
重症心身の人たちの自立生活を目指し、実行している。
知的・重複の障害を持つ方たちを中心とした外出プログラムの実施。
自立生活を目前にされてる方たちに、自立体験室にて具体的な取り組みも行い、より実践的な自立へ向けたサポートも実践している。
韓国ヤンチョンCILと姉妹提携している。毎年、ピア・カウンセリングなどを通して交流を図っている。

設立以来の運動体としての実績

まちづくり:市の委員会に委員として出席。市主催の市民大学の「福祉のまちづくりコース」の運営を担当。リフト付きバス・ノンステップバスの運行促進。JRと話し合い、駅のバリアフリー化について貢献。
自薦登録ヘルパー:男性障害者が中心となり、自薦登録を市に認めさせた。
24時間介助制度の実現(支援費制度以降新しい利用者は困難になっている)

行政との共働
・東京都の相談支援専門員研修事業に協力
・町田市障がい者施策推進協議会に参画
・町田市障がい者事業計画部会に参画

今度目指すもの

多くの利用者との関係性づくりをより一層深めるため、各種イベントの企画、運営を積極的に行い、職員同士、各部門の連携を強め、利用者のニーズに合うサービスの提供を目指す。
当事者主体の理念、「エンジョイ!自立生活」を語り合える仲間を増やし、利用者、各会員の理解をより一層深める。利用者と介助者の良好な関係性を築き、継続できるようなイベントの企画、運営。
虐待防止を含め、ピアカウンセラー、コーディネーターが連携を図る。

 

machida