NPOレイ

センター基礎情報
代表者名 原田 華代
事務局長名
障害者人数 障害者スタッフ 3名 (肢体 3 )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
-
居宅介護
-
ピア・カウンセリング
-
重度訪問介護
-
自立生活プログラム
-
同行援護
-
自立生活体験室
-
行動援護
-
介助者派遣サービス
-
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
-
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
-
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
-
    地域定着支援
-
    計画相談支援
-
    移動支援(地域生活支援事業)
-
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景
NPO法人レイは、板橋に暮らし続けたいと願う重度障がい者が、自助努力のために作った組織です。 NPO法人レイは自らが母体となり、障害者のヘルパー派遣をする会社を作り、それを中心に在宅障害者を支援していこうという思いで行ってきました。現在は介助派遣の変わりに、相談支援事業、よりよい介助者を育てるために当事者の協力を得て重度訪問介護研修事業を行っています。
特色
重度者がデザインを担当するデザイン印刷事業部を設立、店舗を構える。授産施設等の自立生産品を委託販売。
設立以来の運動体としての実績
知的障害者ガイドヘルプ事業を実施するよう働きかけた。中でも重複障害者に光をあてるよう働きかけた。板橋区は3年程前に実施。
今度目指すもの
ITサポートセンターを設置し、重度障害者に対してITシステムを学ぶ場を作り、将来的には就労支援の役割を果たしたい。