CILくにたち援助為センター

センター基礎情報
代表者名 篠原 由美
事務局長名 中根 英樹
障害者人数 障害者スタッフ 4名 (肢体4 )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
居宅介護
ピア・カウンセリング
重度訪問介護
自立生活プログラム
同行援護
自立生活体験室
-
行動援護
介助者派遣サービス
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
-
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
    地域定着支援
    計画相談支援
    移動支援(地域生活支援事業)
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景

国立市は、人口7万人余り。人口比率でいえば、日本でも有数の自立生活を送る障害者が多い地域です。1994年12月設立。広域的に活動を行ってきた障害者が多く関わり、自立生活プログラム・ピアカウンセリングを通じて、全国の当事者にサービスを提供してきた。設立当初より、介助派遣も積極的に取り組んできた。2000年10月、支援事業を受託し、より地元に密着したサービス提供に取り組んでいる。

特色

ピアカウンセラーが多くかかわっており、ピアカウンセリング講座、独自の自立生活プログラムに設立当初より取り組んできた。

設立以来の運動体としての実績

1.幹福祉会の支部として、ヘルプ事業を開始(1999.8~9)
2.市町村障害者生活支援事業を受託(2000.10~)
センターとしてというよりは、センターに所属する当事者の運動により、
・「しょうがいしゃがあたりまえに暮らすまち宣言」を国立市が宣言(2005.4~)
・第3次国立市地域保健福祉計画の安価で、市独自の介助制度として「国立市障害者(児)地域参加型介護サポート事業」を創設。(利用可能な人の幅を広げ、従事者の資格を問わず、事業所を通さない市役所への直接登録を可能とするもの。)

今度目指すもの

どんなに障害が重い人でも地域で暮らせるよう、さらに介助保障を充実させていくとともに、地域で暮らす一人一人の障害者がより主体的に自分らしく生きていけるよう、地域との関わりを広げ、深めていけるような活動としていきたい。