自立生活センター北見

センター基礎情報
代表者名 渡部 哲也
事務局長名
障害者人数 障害者スタッフ 2名 (肢体 2 )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
居宅介護
ピア・カウンセリング
重度訪問介護
自立生活プログラム
同行援護
-
自立生活体験室
行動援護
-
介助者派遣サービス
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
-
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
    地域定着支援
    計画相談支援
    移動支援(地域生活支援事業)
-
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景
自分が知己で生きていくことが難しいと感じ、何かないだろうかと探していた時に知人から全国障害者介護保障協議会・自薦ヘルパー(パーソナルアシスタント制度)推進協会を教えてもらい、指導と協力いただき、今にいたります。
特色
代表者がALS当事者なので、全国のALS当事者、家族、介護職の人たちに自立生活について、発信している。その中でもコミュニケーションの大切さなどに力をいれていて、講演講師も引き受けています。重度の当事者には、最初しばらくの間は訪問して個別ピアカン、個別ILP、自立に向けて時間をかけています。
設立以来の運動体としての実績
介護福祉養成高校講師(年1回)、他団体の代表を招いて講演会を開催(年1回)、ピアカン体験講座1回、施設訪問年5回、個別ILP、相談業務、介護時間交渉、ALS北海道支部講師、第13回障害者政策研究全国集会パネラー、道の依頼による施設から在宅に向けての施設講演、施設講演後同施設内のCPの方を支援中、北見、興部、滝の上、札幌など広範囲で支援中、下関、松山の講演講師など。
今度目指すもの
私の地域では、まだまだ障害当事者は自分らしい生活をつかみとっていません。たとえば、バスにのりたくても、ノンステップバスの数が少なく、予定の2日前に予約が必要です。障害当事者も健常者と同じように、当たり前に生活できるように不便さを解消できるように運動していきたいと思います。障害当事者の自立を支援していけるよう、健常者スタッフも理念に基づいた勉強をして、代表、コーディネーター、介助者スタッフ皆が温度差なく、同じ方向を見ていけるようにしたいです。そして、どんなに重度でもあきらめない人生が送れるようスタッフ皆で力を合わせて支援、活動していきたいです。