北部自立生活センター希輝々

センター基礎情報
代表者名 高良 美佐代
事務局長名 新垣 正樹
障害者人数 障害者スタッフ 名 ( )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
-
居宅介護
-
ピア・カウンセリング
-
重度訪問介護
-
自立生活プログラム
-
同行援護
-
自立生活体験室
-
行動援護
-
介助者派遣サービス
-
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
-
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
-
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
-
    地域定着支援
-
    計画相談支援
-
    移動支援(地域生活支援事業)
-
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景

私たちが生活している名護市では、障碍者が自立生活をするために必要な環境や制度は健常者の目線で創られたものばかりで、まだまだ私たち当事者のニーズに合わないものが多いというのが現状である。そこで私たちは障碍者の目線で誰もが住みやすい環境を創ることと、私らしい生活を自己選択、自己決定し、その責任まで負えるという社会、サービスを創りたいという思いを持った障害当事者3人で2003年5月に発足しました。

特色

・フィールドトリップ ・ILP

設立以来の運動体としての実績

・呼吸器使用者の時間交渉(現在も継続中)
・CPの方の施設からの自立障害者円
・フィールドトリップ、ILPの中から、自立希望者をつのっている。
・条例の会に参加し障害者の権利獲得の為動いている。
・市の福祉課と連携をとり、機関誌に掲載。(インフォメーションなどの依頼をし、関係性を持つようにしている)
・子ども達とのふれあいの中で、障害について考えるなどの企画をしている。
・市のまちづくりの会や、イベントなどがあれば極力参加している。

今度目指すもの

・ユースのILPに力をいれ、ILP自体のありかたを理解し、勉強をし、多くの自立支援をしたいと思っています。
・当センターの土台作りをし、センターの運営方法やスタッフの育成(障がいがある、なし全て)
・原点に戻り、センターをたてた意味をかんがえながら、権利擁護運動にも力を入れていきたい。
・当センターに関わった全ての人が、同じ意識にたてるようにどりょくし、一人でも多くの人が、長く長くいつまでも関われるセンターにしたい。