自立生活センター・K2

センター基礎情報
代表者名 上原 みどり
事務局長名 上原 一夫
障害者人数 障害者スタッフ 2名 (肢体 1 精神 1 )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
居宅介護
ピア・カウンセリング
重度訪問介護
自立生活プログラム
同行援護
自立生活体験室
-
行動援護
介助者派遣サービス
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
就労継続支援B型
    グループホーム
-
    地域移行支援
-
    地域定着支援
-
    計画相談支援
-
    移動支援(地域生活支援事業)
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景

1992年身体障碍者のグループホームとして出発、1993年より自立生活センターとして活動する。 2000年NPO法人として、NPO法人自立生活センターK2となる。おもに居宅介護、通所を中心にして活動している。

特色

どんな障碍であっても自分の生き方を自分で選び、自分で決められるよう、地域で生活していけるように!!を、目指し、身体・知的・精神共々一緒に活動している。

設立以来の運動体としての実績

①県議会への働きかけ等をつうじ、1998年2月千葉県より全身性介護人派遣事業推進の通達を出させる。
②1999年度より柏市で、自薦登録ヘルパー、重度障害者介護人派遣事業、自薦ガイドヘルパー制度が実施される
③南柏駅エレベータ設置要望署名活動をし市議会(柏・流山)に請願、全会一致で採択される。04~05年に設置予定。
④法律が変わり、日常及び社会生活を総合的に支援するための法律となり、これからも行政交渉などを行う。

今度目指すもの

相談支援業務が各市町村によって一律化していない今、どのように障碍者が自分らしく地域で暮らしていくかを考えて、障碍当事者が住みやすい街づくりに力をいれていきたいと考えています。と、ともにピアカウンセリングも大切な業務として行っていきます。