自立の魂

センター基礎情報
代表者名 磯部 浩司
事務局長名 磯部 浩司
障害者人数 障害者スタッフ 名 ( )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
-
居宅介護
-
ピア・カウンセリング
-
重度訪問介護
-
自立生活プログラム
-
同行援護
-
自立生活体験室
-
行動援護
-
介助者派遣サービス
-
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
-
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
-
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
-
    地域定着支援
-
    計画相談支援
-
    移動支援(地域生活支援事業)
-
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景
当時、横浜には、CILがなく、2000年頃から、代表が本格的な自立活動をはじめ、障害者が、障害者のサポートをしていくことを重要と考えるようになり、2003年にCILを設立。また、同年4月から支援費制度と介護保険の事業を開始。CILとしてのサポートと介助派遣を行っている。どんなに重い障害者でも自分らしく自立がでい、社会参加できる横浜にすることを目指している。
特色
障害があっても障害がなくても、企業として成り立っていけるような『当事者企業体』を形にしていくことを目指しています。介助派遣は、目標の一つであり、分野に関わらず、「楽しくてビジネスになる事業」をモットーに様々な事業展開を目指しています。
設立以来の運動体としての実績
2003年CIL設立以前から、介護保障の行政交渉を行っており、また、設立後も介護保障だけではなく、権利擁護や、個人向けの無償相談、講演活動を行っています。
今度目指すもの
原点であるCILの理念を基盤に「自己選択」「自己決定」「自己責任」を前提とした自立、社会参加の当事者サポートを行っていく。