あいえるの会

センター基礎情報
代表者名 白石 清春
事務局長名 岡部 聡
障害者人数 障害者スタッフ 2名 (肢体 2 )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
居宅介護
ピア・カウンセリング
重度訪問介護
自立生活プログラム
同行援護
自立生活体験室
-
行動援護
-
介助者派遣サービス
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
-
    地域定着支援
-
    計画相談支援
    移動支援(地域生活支援事業)
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景
1994年 自立生活センターオフィスILがオープン。1995年、CILとして活動を開始する。 1997年 「全国障害者市民フォーラムin福島」を地元・郡山市で開催。 1999年 郡山市障害者生活支援事業を受託。 2001年 特定非営利活動法人あいえるの会を設立。郡山市身体障害者ガイドヘルプ事業を受託。 2003年 支援費制度における居宅介護事業を開始。その他に、生活介護事業所わーくIL、たいむILを運営している。
特色
東北地方の特徴として、行政と対抗する運動形態をとることは、なかなか難しい気質がある。そのため、あいえるの会では行政との「対話路線」を歩んできている。私たちの理解者となって動いてくれた行政関係者もいたこともあり、障がい当事者団体(当時、任意団体)として、東北で始めて「障害者生活支援事業」を郡山市から委託され、障がいを持つ郡山市民に対して幅広く相談支援事業を展開している。
設立以来の運動体としての実績
1994年にCILとして産声を上げ、郡山市や福島県に対して地道に関係作りを行ってきた結果、1995年地方自治体としては全国初のCIL活動に対する補助事業ができ(現在は廃止)、県内に5つのCILが設立され、福島県自立生活センター協議会(FIL)を結成した。FILは現在、「福島県障がい者自立生活推進連絡会」として運動を継続している。また、WEB版郡山市福祉マップの作成(現在休止中)、重度障がい者入院時意思疎通支援事業の実現などがある。
今度目指すもの
福島県の障がい者運動を担ってきた先駆者たちが高齢化を迎え始めている。住居を始めとした自立(在宅)生活のあり方を考えていかなければならない局面にきている。中・長期計画として、高齢になった重度障がい者が地域で生活できるようなケア付き集合住宅(グループホームなど)の建設を目指していきたい。また、若い障がい者が地域で自立していくための体験の場「自立生活体験室」を実現していきたい。