NPOILセンター・福島

センター基礎情報
代表者名 角野 正人
事務局長名 徳永 正美
障害者人数 障害者スタッフ 4名 (肢体 4 )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
居宅介護
ピア・カウンセリング
-
重度訪問介護
自立生活プログラム
-
同行援護
自立生活体験室
行動援護
介助者派遣サービス
重度障害者等包括支援
移送サービス
生活介護
-
福祉有償運送
就労継続支援A型
-
権利擁護
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
-
    地域定着支援
    計画相談支援
    移動支援(地域生活支援事業)
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景

1996年東北で二番目の自立生活センターとして福島市で活動を始める。1998年介助サービス、自立生活講座、個別支援の3事業体制を作り、活動の基礎ができる。2001年NPO法人格を取得。介護保険の事業も2001年度始める。 2009年にはナイトヘルプステーション・UDアパート経営を始める。

特色

あらゆる障がい者が地域生活が行える様に各自のニーズにそった支援・サポートを行っています。 また、障がい者の自立生活ということだけに特化した視点から街造りに参画しています。私たちの視点は、一市民の立場に立った場合にも多様な価値観に対応できるものと確信しています

設立以来の運動体としての実績

1.福島市全身性障害者ガイドヘルプ制度を作った。
2.自薦ヘルパー実現
3.使い易い移動支援システムの確立。
4.夜間の予期せぬ介助ニーズにに対応するための「ナイトヘルプステーション」を開設。
5.ユニバーサルデザインアパート「ILホームソレイユ小倉寺」の経営。

今度目指すもの

震災を境に目指すものを考える余裕はなくなってしまった感がある。放射能問題から原発反対、避難推進のセンターになってしまった。結果、主要な人たちが去り、利用者、介助者の避難も相次いだ。障害者の権利擁護、自立支援の精神を失わず、運営の安定を目指しているが現状は厳しい。