ヒューマンケア協会

センター基礎情報
代表者名 中西 正司
事務局長名 中原 えみ子
障害者人数 障害者スタッフ 9名 (肢体5 視覚2 精神2 )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
居宅介護
ピア・カウンセリング
重度訪問介護
自立生活プログラム
同行援護
自立生活体験室
行動援護
介助者派遣サービス
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
生活介護
-
福祉有償運送
就労継続支援A型
-
権利擁護
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
    地域定着支援
    計画相談支援
    移動支援(地域生活支援事業)
    喀痰吸引等の登録研修機関
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
    障害者虐待防止センター
センターの概要
歴史的背景

八王子市の障害者グループ若駒の家のメンバーとダスキンの修了生などを中心にして、1986年、日本で第一号の本格的な自立生活センターとしてスタートし、東京都の地域福祉財団の助成制度をつくり自立生活センターの基盤を築いてきた。ピア・カウンセリングや自立生活プロうグラムを開発し、ニード中心の社会生活への提言作成といった活動に取り組んできた。1991年の全国自立生活センター協議会設立の呼びかけ団体として、全国のピア・カウンセリング、自立生活プログラムの普及・介助サービスシステムの構築に寄与した。障害種別を超えた自

特色

・八王子市の障害者地域福祉計画策定委員会の中で身体障害者部会の座長や委員を派遣し、委員の半数以上を障害当事者として五ヵ年計画を策定中である。
・市のバリアフリーの委員会に参加し、現在五ヶ所の駅のエレベーター化に取り組んでいる。
・知的障害者で自立生活を目指す人が五人おり、ILチームを作っているがそのうちすでに二人が自立し、残りの人たちも自立生活体験室での生活体験をさらに続けてもらい、今年度中に自立生活者一名を目指したい。
・精神障害当事者のピアカウンセラーは全国でもまだ少ないので、全国のCILに必要

設立以来の運動体としての実績

1.東京都地域振興財団に自立生活プログラム、介助サービス補助金枠をつくらせた。
2.市町村障害者生活支援事業の国の制度化に寄与した。障害者ケアマネジメント制度を単なる手法の伝達にとどめ制度化を阻む。
3.都のケアマネジメント検討委員会に初めて知的障害者を複数名参加させることができた。
4.八王子市ガイドマップ、および町・駅のアクセス化、公営単身車イス用住宅創設。
5.市のバリアフリー法に基づく基本構想に策定に関わり、市内2駅の周辺整備の計画案を作った。
6.交通道路運送法80条に基づく八王子市協

今度目指すもの

自立支援法の実施に向けて移動介助や長時間介助利用者のサービス量低下をきたすおそれがあるので、市や都と協議しながらサービス量の低下をきたさないようにしていく。また国庫補助基準額の低下は避けられない状況にあるので、従来持ち出しで行っていた知的障害や精神障害者へのサービスについても補助金が取れるようにしていきたい。
アジア各国の障害者支援は、2003年のAPCD(アジア太平洋障害者センター)の設立によって宿泊研修の場ができた。今後は韓国やタイ,フィリピン、パキスタン、マレーシアなどの各国と連携をとり、ILセン

human