自立生活センター・東大和

センター基礎情報
代表者名 海老原 宏美
事務局長名 田渕 規子
障害者人数 障害者スタッフ 3名 (肢体3 )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
居宅介護
ピア・カウンセリング
重度訪問介護
自立生活プログラム
同行援護
自立生活体験室
-
行動援護
介助者派遣サービス
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
生活介護
-
福祉有償運送
就労継続支援A型
-
権利擁護
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
    地域定着支援
    計画相談支援
    移動支援(地域生活支援事業)
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景

2001年3月に立川の移送サービス事務所PALから分離。まだCILのない東大和に全国で98番目のCILとして活動を始めた。東大和周辺の武蔵村山、東村山にもCILがないため、主にこの3市にまたがりサービス提供をしている。

特色

あまり堅苦しくなく、適度に適度に、モットー。こぢんまりとしたアットホームなCILです。支援の人数よりも支援の質。「自立」の定義である「自己選択」「自己決定」「自己責任」のうち、「自己責任」までしっかり伝える支援を心がけています。
でも、晴れている日は、外に遊びにいきたい!頑張るのは楽しむため。障害があっても楽しくいこうよ。そんなセンターです。
最近は地域の中に溶け込めるよう、市内団体との交流なども力をいれています。

設立以来の運動体としての実績

ほぼ24時間介助の自立者を年に1人ペースで支援開始。東大和市では、支援法以降に出来た時間数上限を一部崩すことに成功。
2006年度には市内に障害者福祉ネットワークを設立し、CILが代表をつとめている。
障害者福祉ネットワークとして、市の地域福祉審議会や建設予定の総合福祉センター基本計画策定検討委員会にも参画し、市の行政計画に意見をいえるようになってきている。

今度目指すもの

支援法がはじまり、本来の自立というものが見失われそうな今だからこそ、自己選択、自己決定、自己責任を置き、地域で当たり前に生活することの当たり前さを、自分達の中だけで完結することなく、ネットワークを活用して、地域に浸透させていける活動にしたい。
自立も、一人暮らしを達成することがゴールではなく、そこからがスタートという支援をしていきたい。
スタッフの中に呼吸器ユーザーが数名いるので、昨年度設立されたTILベンチレーターネットワーク呼ネットの活動にも力を入れていきたい。