CILふちゅう

センター基礎情報
代表者名 鈴木 一成
事務局長名
障害者人数 障害者スタッフ 3名 (肢体 3 )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
居宅介護
ピア・カウンセリング
-
重度訪問介護
自立生活プログラム
同行援護
自立生活体験室
-
行動援護
-
介助者派遣サービス
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
生活介護
-
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
-
    地域定着支援
-
    計画相談支援
    移動支援(地域生活支援事業)
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景

1999年設立。自立生活運動の思想さえ、ほとんど知られていない地域性の中、まず自立生活プログラム・セミナーを実施し、市民の意識の啓発から始めた。現在では、当団体の支援を得て、自立生活をしている人が多数いる。2001年より、社会福祉法人幹福祉会ケア府中を設立し、府中市ホームヘルプサービス事業を受託。2003年より支援費制度居宅介護支援事業所として指定される。

特色

「重度知的障害者」「重複障害者」の自立支援に取り組んでいる。フリースペース活動(障害当事者と一般市民が自然な形で出会い、交流できる場の提供。英会話サークル、その他、利用者、地域在住の重度障がい者の方々に自由に活用してもらう)

設立以来の運動体としての実績

1.市内を運行している路線バスの、障害者に対するサービス向上。
2.府中市総合計画に、重度の障害をもった当事者の意見を反映。
3.府中駅前の公共施設屋上に、スロープ設置を実現。
4.介護給付支給量・精神障害者ホームヘルプサービス措置費アップ(複数)
5.隣接する市に24時間の介助派遣実績をつくる(これまで10時間が最長だった)

今度目指すもの

「重度知的障害者」「精神障害者」の自立生活の実現、重度障害者の社会参加、社会貢献の場の確立。
一般市民への障害者に関する正しい知識の促進。
どんな障害のある人も、生活しやすい地域社会の形成。
地方で運営に苦労しているCILの支援。

fuchu