NPO法人 自立生活センターフリーダム21

センター基礎情報
代表者名 上野 久美
事務局長名 塚本 雅史
障害者人数 障害者スタッフ 3名 ( )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
居宅介護
ピア・カウンセリング
重度訪問介護
自立生活プログラム
同行援護
自立生活体験室
-
行動援護
介助者派遣サービス
-
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
-
福祉有償運送
就労継続支援A型
-
権利擁護
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
-
    地域定着支援
-
    計画相談支援
-
    移動支援(地域生活支援事業)
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景

1990年代の中ごろに施設入所から地域での自立生活に移行した4名(筋ジストロフィー症などの障害者)が中心になって、自らの経験を活かして奈良の地に自立生活の理念と実践を広めるために、1994年に「福祉作業所フリーダム21」を設立した。2001年4月に、特定非営利活動法人格を取得して「自立生活支援センターフリーダム21」に改組し、サービス内容も一新して再出発した。奈良の数少ないセンターとして、自立生活運動の地歩を築きつつある。

特色

NPO法人は、非営利事業と収益事業の結合という特色をもつことから、運動体と事業体の結合としての自立生活センターにもっとも適した組織形態である。フリーダム21はその特色を最大限活かして、奈良市にある事業所の中で最も利用者数が多く、在宅での医療的ケアへの取り組みにも力を入れている事業所となっている。また、行政に対する要望を伝えるため、毎年奈良市長と面談し、私たちが求める福祉制度の導入・充実を訴えている。

設立以来の運動体としての実績

1.全身性障害者介護人派遣事業の創設と派遣時間の延伸。
2.ホームヘルパー派遣時間の増加と平日外の派遣。
3.県内交通機関のバリアフリー化、歩道の改善の促進
4.自治体の職員研修において、障害者の自立生活というテーマで講演し、障害者市民の生活スタイルへの理解を広げた。
5.奈良市の地域生活支援事業のコミュニケーション支援の中に、入院時ヘルパー派遣の制度を組み込ませた。
6.奈良県に障害者差別禁止条例を制定させた。

今度目指すもの

障害者の生活は親がみるもの、施設に入所していれば安心という考え方がまだまだ根強い保守的な地域にあって、私達の目指す自立生活運動の推進に困難があるのが実情だが、ピアカウンセリング体験講座の定期的開催や講演活動、障害者差別をなくす奈良県条例の制定運動などをきっかけとして徐々に運動が広がっているという感触はある。育ちつつあるつながりを活かして一人でも多く自立生活へ移行する人をふやしていきたい。