Flat きた

センター基礎情報
代表者名 氏田 祐資
事務局長名 大代 裕之
障害者人数 障害者スタッフ 名 ( )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
-
居宅介護
-
ピア・カウンセリング
-
重度訪問介護
-
自立生活プログラム
-
同行援護
-
自立生活体験室
-
行動援護
-
介助者派遣サービス
-
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
-
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
-
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
-
    地域定着支援
-
    計画相談支援
-
    移動支援(地域生活支援事業)
-
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景

2000年 4月 北区同心に準備会設立
2001年 4月 東淀川区上新庄にセンター開設
  〃   7月 介護派遣開始
  〃  10月 市町村障害者井蛙kつ支援事業受託
2002年12月 介護派遣事業所申請取得
2003年 4月 NPO法人を取得
2006年10月 指定相談支援事業受託

特色

・施設職員の方々と共に、「施設からの地域移行」をすすめる体制作り。 (施設ピアカン
・ILPの他、自立生活体験室事業、2009年~集合住宅「シェアハウス」を開設)に取り組んでいる。
・年2回、重度訪問介護事業者養成研修講座を開催し、ヘルパー養成を行う。

設立以来の運動体としての実績

・わが街ウォッチング
・地区検討会議に参加し、積極的な意見提起を行っている。
・東淀川・西淀川区ケアマネージメント連絡調整会議等で、行政・関係機関との連携を図る
・大阪・東京での自立支援法案に対する講義行動に参加

今度目指すもの

・自立体験室、集合住宅シェアハウスを活用して、より有効な地域移行、自立支援を行う。
・自立支援協議会は、今まで区役所主体で運営されてきたが、今後は当事者(CIL)が主体となって、運営していかなければと考えている。介護・労働・児童それぞれの部会を充実させ、困難ケースにも関係機関と連携をとって取り組んで行きたい。他センター・CILと協力して、障大連・JILと共に、自立支援法をよくする運動を引き続き行っていきたい。