自立生活センターekumo

センター基礎情報
代表者名 小林 敦
事務局長名
障害者人数 障害者スタッフ 名 ( )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
-
居宅介護
-
ピア・カウンセリング
-
重度訪問介護
-
自立生活プログラム
-
同行援護
-
自立生活体験室
-
行動援護
-
介助者派遣サービス
-
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
-
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
-
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
-
    地域定着支援
-
    計画相談支援
-
    移動支援(地域生活支援事業)
-
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景
2003年2月に設立。自立生活プログラム、ピアカウンセリングといった自立支援があまり定着していなかった名古屋市で、CILを立ち上げたいと思い、設立しました。
特色
設立以来の運動体としての実績
設立当初からの目的どおり、施設や親元からの自立支援に取り組んでいます。2003年から現在まで、ekumoのある名古屋市以外の市町村で、時間数の交渉を含めた、自立支援を行っています(3件5市町村うち2市町村で744時間) 日常生活支援、重度訪問介護の養成研修を他県他市の当事者団体向けに定期的に行っています。(東海地方で、2団体しか指定をとっていないため)
今度目指すもの
当事者のスタッフを探す・育てることが最優先課題になっています。 今後小規模のCILを東海地方に作っていくこと。