自立生活センター Com-Support Project

センター基礎情報
代表者名 市村 正幸
副代表者名 小林 靖幸
事務局長名 浦松 豊之
障害者人数 障害者スタッフ 5名 (肢体4 聴覚1 )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
居宅介護
ピア・カウンセリング
重度訪問介護
自立生活プログラム
同行援護
-
自立生活体験室
行動援護
-
介助者派遣サービス
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
権利擁護
-
共生型サービス
-
    介護保険指定事業
    居宅介護支援事業
-
    就労移行支援
-
    就労継続支援A型
-
    就労継続支援B型
-
    就労定着支援
-
    共同生活援助(グループホーム)
-
    自立生活援助
-
    地域移行支援
    地域定着支援
    計画相談支援
    基幹相談支援センター(委託)
-
    移動支援(地域生活支援事業)
    地域活動支援センター
-
    重度訪問介護利用者の大学修学支援事業
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
    福祉有償運送(移送サービス)
-
   
   
センターの概要
歴史的背景

1999年東海北陸バリアフリー集会開催の時に集まった当事者5名と健常者1名により大会終了後、福井の福祉の向上を目指して県内初の自立生活センターとして活動をはじめた。

特色

当団体は、運動面白さを多くの当事者に伝え、楽しい笑いの絶えない団体を一丸となり目指していきたい。

設立以来の運動体としての実績

・重度障害者の24時間介助の実現
・利用者両親が住む最寄り駅のバリアフリー化を実現
・地域生活(移動)支援事業の差別について交渉中。

今度目指すもの

自分達の自立の考え方の再確認と、運動の広げ方の再構築をしていきたい。