自立生活センター星空

センター基礎情報
代表者名 井谷 重人
事務局長名
障害者人数 障害者スタッフ 3名 ( )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
居宅介護
-
ピア・カウンセリング
重度訪問介護
自立生活プログラム
同行援護
-
自立生活体験室
行動援護
-
介助者派遣サービス
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
-
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
-
    地域定着支援
-
    計画相談支援
-
    移動支援(地域生活支援事業)
-
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景

CIL星空は2009年に愛媛県松山市で設立されました。

センター名は、「星はCIL星空に関わってくれている一人一人のことで、星は夜だけ輝いているのではなく、昼間も見えないだけでどこかでちゃんと輝いている」という思いから、CIL星空と名付けました。

特色

当センターは、20代から40代といった比較的若い障害当事者を中心として、「よく暴れ!よく遊び!よく学ぶ!」をモットーに、活力と行動力を武器に活動しています。遊びの中からこそ仲間ができ、良い活動ができると考えます。仕事も遊びも全力で!これが星空スタイルです!

そして星空には、「人を大切にする」という第一理念があります。大切にされたかったらまず自分から!とにかく人にこだわることで、障害がある人もない人も同じ仲間として、分け隔てないセンター運営ができるのです。

設立以来の運動体としての実績

・2009年設立以降、愛媛県だけでなく、四国を中心に自立支援を行なっている。

・松山市の他、西条市へと介助派遣を広げている。

・年間を通してピア・カウンセンリング講座、自立生活プログラムを行い、一人でも多くの障害者が地域で自立出来るよう尽力している。

・小学校、中学校、大学で講演を行い、教育の場で自分史、社会モデルなどについてお話しし、車椅子体験講習を行なうなどの交流を通じて、障害者やそこに関わる社会環境などへの理解を深めている。

・公共交通機関への要望書提出、愛媛障害フォーラムに参加し、街のバリアフリー、交通アクセスの問題解決に取り組んでいる。

・ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業の研修生受け入れ、JICAの国際協力に参加するなど、国際的にもネットワークを広げている。

今度目指すもの

『障害者が障害のない人と同じように暮らせるようにしたい』障害を理由に「できない」ということを全てなくしたいです。今ある環境をもっともっと良くするためには、私たち障害者や、不便さを感じられる人たちの声を届け、取り入れることが必要不可欠です。そして愛媛県を、誰もが訪れたくなるような、『愛』される観光地にしていくことが僕たちの目標です。

そして、地域で一人でも多くの障害者が自立生活を行えるように支援体制をより充実させ、実際に自立生活を始めた障害者が自立して良かったと思える社会を目指したいと思います。