自立生活センター・エコー

センター基礎情報
代表者名 児玉 良介
事務局長名
障害者人数 障害者スタッフ 2名 (肢体 2 )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
居宅介護
-
ピア・カウンセリング
重度訪問介護
-
自立生活プログラム
同行援護
-
自立生活体験室
-
行動援護
-
介助者派遣サービス
-
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
-
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
    地域定着支援
    計画相談支援
    移動支援(地域生活支援事業)
-
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景

北九州市内には二つのCILが存在し、代表児玉は過去にその両方に在籍していました。2009年に施設入所者や重度障害者への支援をより積極的に行いたいという想いから、当センターを設立しました。設立後は1からCILのことを学びなおすため、自薦ヘルパー推進協会やJILの研修会などに参加し、現在に至っています。

特色

ピアカウンセリング集中講座や長期自立生活プログラムといった従来の講座の開催に力を入れています。講座は参加者に対し、ピアカウンセリングのすばらしさや自立生活のための情報やノウハウを伝えるだけではなく、CILの活動に興味をもってもらえる貴重な場だと考えており、仲間づくりに活かしています。

設立以来の運動体としての実績

ピアカウンセリング集中講座や長期自立生活プログラムを毎年開催してきました。当センターの長期自立生活プログラムを受講し、その後個別の自立生活プログラムを受けながら自立生活を実現させた方が2名いらっしゃいます。お二人とも数十年の施設入所経験をもつ重度障害者です。

今度目指すもの

一人でも多くの仲間の自立支援を行っていきたいと考え、まずはエコー自身がしっかりとした支援をやれるCILになれるよう、経験を積んでいきたいと思います。そして将来的には九州のまだCILが存在しない地域へのCIL設立のための支援もやれるようになれたらと思っています。