特定非営利活動法人 自立生活センターぶるーむ

センター基礎情報
代表者名 田中 雄平
事務局長名 後郷 法文
障害者人数 障害者スタッフ 4名 (肢体4 )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
居宅介護
ピア・カウンセリング
重度訪問介護
自立生活プログラム
同行援護
-
自立生活体験室
行動援護
-
介助者派遣サービス
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
    地域定着支援
-
    計画相談支援
-
    移動支援(地域生活支援事業)
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景

北九州自立生活センターを母体に、当時の当事者スタッフ数名と健常スタッフ数名で2007年10月に設立。介護派遣サービスを前身の団体から引継ぎ、ピアカウンセリング、ILPを行いつつ、行政に対する介護時間交渉や他団体と協働して啓発および権利擁護活動を行う。

特色

当事者支援において、エンパワーメントをする導入として講師派遣の講師活動を取り入れている。これにより、当事者は必要とされる場所を見出し、そのことで自身に自信を持ち、社会参加へのきっかけとなる。また、講師活動を通して知り合った様々な障害者との交流を通じて、障害の受容や自立への意欲を高めることができる。 また、企業としてはこうした当事者の生の意見は、エンドユーザーとしての意見を聞けるとともにインクルーシブデザインやユニバーサルデザインの商品開発・サービス向上に役立つ。

設立以来の運動体としての実績

北九州初の24時間の介護保障の実現をし、24時間利用者を含む数名の自立障害者をだした。また、近隣の商業施設のバリアフリー化(映画館の利用に関するカスタマーサポートの実現)。 差別禁止条例の制定に向けて他団体との協働。 入院時のコミュニケーション支援事業の実施実現。

今度目指すもの

筋ジス・ALS等の医療ケアを伴う重度障害者の自立生活の支援。また、障害児への自立に向けた(ユースプログラム等)支援。知的・精神の障害当事者の地域での自立生活の支援。日中の活動の場の確保。有償運送サービス。 ピアカウンセリングの普及。 他団体との協働による差別禁止条例の制定に向けた取り組み。 九州およびアジアの団体に対する支援。 自立支援協議会等を通じて市の福祉行政に対する働きかけ。