自立生活センター・神戸Beすけっと

センター基礎情報
代表者名 石橋 宏昭
事務局長名 松本 誠、藤原 久美子
障害者人数 障害者スタッフ 3名 (肢体 1 視覚 1 聴覚 1 )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
-
居宅介護
ピア・カウンセリング
重度訪問介護
自立生活プログラム
同行援護
-
自立生活体験室
-
行動援護
-
介助者派遣サービス
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
-
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
-
    地域定着支援
-
    計画相談支援
-
    移動支援(地域生活支援事業)
-
    喀痰吸引等の登録研修機関
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景

元々神戸で活動していた運動体のメンバーが神戸市に全身性障害者介護人派遣制度が出来たのをきっかけに、神戸でも自立生活者の介助の安定の為、また当事者運営によるサービスを目的として自立生活センターの立ち上げとなった。

特色

当事者のエンパワーメントを高るために自立生活センターの理念を基盤に各種事業を行っている。聴覚視覚障害者への支援にも力を入れている。

設立以来の運動体としての実績

ガイドヘルパー派遣の上限撤廃交渉をし、実績を作ったこと。

今度目指すもの

障害者権利条約が実質的に批准されることを目指して、自治体レベルでの条例つくりをすすめる。そのために、より多くの障害当事者がエンパワメントを高め、地域の健常者たちを巻き込んで、大きなうねりを作ること。
聴覚・視覚・内部・精神・知的障害者や難病の人たちが、より主体性を持って関われるセンターを目指す。