自立生活センターあるる

センター基礎情報
代表者名 太田 康裕
事務局長名 鈴木 千春
障害者人数 障害者スタッフ 5名 (肢体 5 )
サービス実施状況
サービス事業名 実施状況 実施事業名 受託状況
相談事業・情報提供
居宅介護
ピア・カウンセリング
重度訪問介護
自立生活プログラム
同行援護
-
自立生活体験室
行動援護
-
介助者派遣サービス
重度障害者等包括支援
-
移送サービス
-
生活介護
福祉有償運送
-
就労継続支援A型
-
権利擁護
就労継続支援B型
-
    グループホーム
-
    地域移行支援
    地域定着支援
    計画相談支援
    移動支援(地域生活支援事業)
    喀痰吸引等の登録研修機関
-
    喀痰吸引等の登録特定行為事業者
-
    障害者虐待防止センター
-
センターの概要
歴史的背景

大阪頸随損傷者連絡会で出会った仲間と2001年に大阪市都島区で設立。重度の障害をもつ仲間の地域での自立生活に向けて、取り組みを進めてきた。2002年に市町村障害者生活支援事業を受託し、支援費が始まった2003年にNPO法人格を取得した。2004年から施設からの地域移行に取り組み、自立した仲間の日中活動の場として、作業所「あるくる」を立ち上げた。2012年4月から都島区障害者相談支援センターとして相談支援事業を行っている。

特色

障害当事者が中心となった自立生活センターとして、当事者主体の支援を重んじており、本人(障害者)の立場に寄り添った相談支援を心がけている。また、自立障害者がスタッフとして複数名常駐していることで、相談にこられる障害者が気軽に相談できる環境を作っている。さらに、相談者の自立や社会参加をロールも出るとして支援することができる。どんな重度の障害者でも地域で自立生活を送れるように地域移行・自立支援の取り組み活動をしていく。

設立以来の運動体としての実績

障大連や関係団体と協力し、大阪市に対して、地域生活確立に向けての交渉を毎年行っています。また、関西の自立生活センターとれkんけいを深めるため、JIL関西・アクセス関西に参加し、自立生活運動の活動・大切さを発信している。自立支援協議会にも積極的に参加して地域の課題・問題点に取り組み中心的な役割を果たしている。

今度目指すもの

自立障害者を増やしていく。それが社会を変えていくことにつながっていくと感じる。どんな人もかけがえのない存在であることに気づき、居心地のいい社会を共につくっていけるよう、社会に向けて、メッセージを発信していきたい。

aruru